就職活動における「魅力ある書類とは?」&「自己PR『長所と強み』」 | 埼玉しごとセンター

就職活動における「魅力ある書類とは?」&「自己PR『長所と強み』」

埼玉しごとセンタートップ就職活動における「魅力ある書類とは?」&「自己PR『長所と強み』」

 「魅力ある書類とは?」セミナー受講でこのような説明のある文章に触れることが多々あるかと思います。皆さんは何が「魅力ある書類」と考えますか? この「魅力ある」とは、皆さんから見て考える魅力ではなく、企業から見て「魅力」とは何かということかと考えます。
企業から見て求める人物像、例えば、積極性のある人、コミュニケーションが良好な人、忍耐力がある人、PCスキルのある人、などなど。皆さんの書類を見てこのような人間力、ビジネススキルのある人かどうかを見ています。企業の要望に沿った書類が企業にとって「魅力ある書類」になると考えてください。

 どのような素敵な文章を作成しても企業の希望している人物像からかけ離れた書類は、「魅力ある書類」とは言えません。内定獲得までには、書類通過、面接通過の二つの関門があります。今回は、面接通過については説明を省きますが、まず第一番目の書類通過を果たすためには、企業が求める人物像にマッチした書類を提出する必要があります。つまりマッチングされた書類を作成する必要があるということです。もちろん嘘、いい加減な書類を作成、提出することはできません。この「マッチング=接点」を考えなければなりません。セミナーではこの説明に続いて、「自己分析を十分に整理することが必要です。」との話を聞くことかと思われます。ご自身のこれまでの経験を再度洗い直し、自分が伝えられる能力、経験を洗い出すことが必要です。企業情報を調べ(企業ホームページを調べる、)、自己分析を十分に行い、その上であなたの「マッチング=接点」を見つけてください。

 次によく質問を受けることがあるものに自己PRを書く上での「長所」と「強み」について教えてくださいというものです。わかっているようでなかなか区別のつかない言葉かと思います。いかがでしょうか?
 考え方としては、「長所」はあなたが持っているパーソナルスキル、そしてそれがどのようにビジネスの場で生かされるのかが「強み」です。例えば、「私はだれとでも仲良くなれることが強みです。」この説明を聞いて、仲良くなれることを具体的に説明することは難しいと思います。これはあなたが仲良くなれる=コミュニケーションが良好です、したがってだれとでも人間関係が良好に保つことができますよ、という意味だと考えます。
 長所はと聞かれたら、「誰とでも仲良くなれること」、そして強みはと聞かれたら「人間関係の構築です」と説明できるのではないかと思います。文章を作成すると「私は、社内外の人々と信頼関係を構築することができること、これが強みです」と説明できると思います。長所をビジネス言葉で置き換えることが必要です。ここでもまた、上述のマッチング=接点を考えてビジネス言葉を選択してください。ここで注意しておいていただきたいのが、言葉には表・裏があります。あなたが、真面目ですと説明しても、企業側は、それは、冗談が通じないことですね、あるいは好奇心旺盛ですと説明しても企業は、それは八方美人ということですね、と考えることがあるということです。従ってこの表・裏も考えて言葉を選択することが必要になります。
 このように説明すると皆様のなかには、「そんなことを気にしていたらうまく書けない!」と言われる方もいらっしゃいます。ネガティブに考えずに思いっきりあなたの言葉で強みを伝えましょう。そして後日面接に呼ばれるまでに言葉の持つ裏の意味合いも考えておいてください。

若者コーナー キャリアコンサルタントS 

 

最終更新日:2023年09月29日

PAGETOP