女性の転職編(転載元:doda)

サテライトトップ就活ノウハウ女性の転職編(転載元:doda)

Q.マネジメントになっても、働き続けられるか不安

会社の方針で女性管理職の比率を上げることになり、私もマネジャーにならないかと打診をされています。ただ、結婚したばかりでこれから出産も考えているため、悩んでいます。そもそもマネジメント職になるなんて考えてもいなかったので、私に務まるか不安しかありません。
(29歳/メーカー・営業/既婚・子なし)

A.役職にとらわれるのではなく、「何をしたいか」を考えましょう

女性活躍促進の流れで、「管理職を打診されているけれど、迷っている」という女性の悩みは最近増えてきています。女性は自己評価が低い傾向があるので、仕事であまり上を目指そうと思わない方が多く、上司から打診されても「私なんて」と尻込みしてしまうようです。

マネジャーになることなど想像していなかった方からすると、「マネジャーになること」だけで頭がいっぱいで、「マネジャーになるべきか、断るべきか」という思考に陥ってしまいがちなのですが、そもそもマネジャーになって「何をするか」を考えてみてはいかがでしょうか。

マネジャーというポジションになると、それまでとは違う視点や角度、または責任で仕事をすることになります。影響範囲が広がったり、影響力が大きくなったりします。そのような立場になったら、自分は何ができるか、何をしたいかということを想像してみてください。「責任が増す」「忙しい」といったネガティブな印象もあるかもしれませんが、その立場にならないとできない、やりがいある楽しい仕事も必ずあります。まず、マネジメントの立場になってやってみたいことを考えてみて、「ぜひやってみたい」と思うことが見つかったら、マネジャーという職務を受ければよいと思いますよ。あまり役職にとらわれず、自分を主語にして「何をしたいか」を考えてみましょう。

Q.事務職でキャリアアップできますか?

営業事務をしていますが、私は人をサポートする仕事が好きで、とても楽しく続けています。今後、出産後もずっと事務の仕事を続けていきたいと思っていますが、無理のない範囲で仕事の幅を広げ、できれば年収も上げられたらと思っています。事務の仕事でキャリアアップすることはできるのでしょうか?
(30歳/営業事務/既婚・子なし)

A.専門領域の事務職から専門職に転身するなどの可能性も考えてみましょう

事務のお仕事を満喫されているとのこと、とても良いことですね。最近は女性活躍の流れで、社会的にバリキャリ化が推進されている印象を受けがちですが、アシスタント的な仕事が好き、人のサポートをするのが得意という女性は以前から変わらず多くいらっしゃいます。ぜひその得意領域は大事にしていただきたいと思います。

一方で、事務・アシスタント系の仕事は女性から非常に人気が高い職種ですが、企業の採用枠としては限られていることもあり、求人倍率が他の職種と比較してとても低いという特徴があります。つまり競争率の高い職種です。出産後も長く働き続けたいといったお気持ちがあるようですので、長く必要とされ続けるために、さらには領域を広げたり、キャリアアップしたりするためには何らかの“武器”を身につけておくことが重要になります。

営業事務というと、営業職のサポートをする仕事になりますので、「気が利く」「頼みやすい」「安心する」「明るい」といった良い印象を持ってもらえることが最大の武器になります。加えて、営業事務から、人事・経理・マーケなど、専門領域の事務に挑戦してみることもおすすめです。専門領域で知識や経験を積むことで、次のステップでは人事・経理・マーケなどの企画・管理系の職種にチャレンジできる可能性が高まります。専門性の高い企画・管理系になると、年収アップなどのキャリアアップも期待できます。事務プラスアルファで何か専門的な領域に挑戦してみてはいかがでしょうか。

Q.自分の市場価値が分からない

転職を漠然と考えているのですが、これまで転職の経験がないため、自分のキャリアがほかの企業でどれだけ評価されるのかが分かりません。不安を感じてしまい、転職活動に踏み出せずにいます。
(33歳/化学メーカー・エンジニア/既婚・子どもあり)

A.活動を進める中で市場価値は見えてくる

初めての転職活動に不安を感じるのは当然のこと。「これまでのキャリアがどのくらい評価されるか」はとても気になりますよね。ただ、これは一人で考えていてもなかなか答えが出ないものです。自分自身の市場価値を確認するためにも転職活動を始めてみてはどうでしょうか。例えば実際の求人情報を見てみると、その中に求める人物像などが記載されているので、具体的にどんな経験やスキルが必要なのかが見えてくると思います。また実際に応募をしたり、面接を受けると、どのような企業から、どのような経験やスキルが評価されるのかが分かってくるはずです。

エンジニア職は特に、業界における現在の勤務先の立ち位置や、今の業務で扱っている技術の将来性などがキャリアの評価に関わってきます。それらを客観的に把握するためにも、普段から社内外にアンテナを張り、自社のことだけでなく業界に関連した情報を幅広く集めるようにしましょう。

初めての転職活動への不安を和らげるためにも、ぜひ私たちdodaキャリアアドバイザーにご相談ください。キャリアカウンセリングを通して、これまでのスキルや経験のどんな部分が企業から評価されるのかお伝えします。またキャリアの棚卸しの仕方や面接の準備など、さまざまなアドバイスもいたします。長期的なキャリアプランを見据えた、納得のいく転職につながるはずです。

Q.シングルマザーであることはどのタイミングで伝えるべき?

最近、離婚をしてシングルマザーになりました。同時に就職活動を始めていますが、どのタイミングで自分がシングルマザーであると伝えるか悩んでいます。やはり選考には不利になるのでしょうか
(33歳/求職中/独身・子あり)

A.シングルマザーであることはむしろポジティブに評価されることも。

家庭の変化と、久しぶりの就職活動でいろいろとご不安に感じることも多いかと思います。でも過度に不安に思う必要はありません。企業は大きくワーキングマザーと捉えるだけで、シングルか否かで区別することはあまりありません。ただ、残業ができない、在宅で働きたいなど、働き方で譲れないことがあるのであれば、応募のタイミングなど、なるべく早い段階でお伝えすることをおすすめします。

あえて、シングルか否かで企業がどのように受け止めるかの違いをいうと、プラスに働くケースも少なくありません。母一人で子どもを育てなければならないということで、仕事に対する覚悟感が既婚のワーキングマザーより強いことが評価されるからです。なので、「一人で子どもを育てているが、仕事はこういうふうに頑張りたい」と、仕事への熱意とともに伝えれば、シングルマザーだからといって不利になることはありません。逆に、シングルマザーだからという理由だけで落とされるような企業はおすすめできません。 あなた自身も、育児と両立しながらどのような企業なら活躍できるか見極める機会と考えて、活動を進めてみてください。

Q.出産を機に仕事をやめてしまったので、仕事を再開するのが不安です。

出産のタイミングで会社を辞めてしまいました。子どもが3歳になり、少しずつ手が離れてきたので、仕事を再開したいと思っています。ただ、うまくいくか不安すぎて、求人を見たり、履歴書などの書類を作ったりがなかなか進みません。
(33歳/専業主婦/既婚・子あり)

A.まずは「働き始める」ことを第一優先に。できることを軸に仕事探しを

仕事をやめてしばらくブランクがあると、些細なことでも不安に思ってしまうことがありますよね。ただ、新しい仕事を探したり、新しい職場で働き始めたりするのは誰にとっても不安なもの。「私にはブランクがあるから」とブランクのことばかり考えるのではなく、“働き始める”“仕事を再開する”という目標に集中し、できることからひとつずつ行動に移していきましょう。

ブランクを経て仕事の再開を希望される方に強調しているポイントは、まず「できる仕事を探す」ということです。当たり前のことのようですが、新しいことへのチャレンジはこのタイミングでは我慢したほうがよいかもしれないということです。まずは仕事を再開することを最優先に、これまでの経験やご自身の強みが活かせる仕事を探していただきます。ブランクからの復帰のタイミングで、経験したことのない新しいことに挑戦すると、仕事が楽しいと思えるまでに時間がかかってしまうことがあります。仕事を再開するだけでもハードルが高いと感じていらっしゃるのに、さらにその仕事が経験したことのない業務となると、何重苦にもなってしまうからです。

加えて、雇用形態などもこだわらずに、まずは「働き始める」という一歩をなるべく早く踏み出すことをおすすめします。ブランクは短ければ短いほど、ご本人が感じるハードルも低く感じるものです。思い悩むことでブランクの期間を長期化させるほうがもったいないので、一日も早く活動を始めましょう。

Q.子どもが生まれた後に転職活動をするのは難しい?

結婚を機に昨年、新卒以来10年勤めた会社を退職しました。全国転勤を伴う総合職で、一般職への転換制度もなく、勤務継続は難しいと判断したためです。現在妊娠中で、出産した後の来年に転職したいと思い、情報収集をしています。しかし、子どもを持つ女性の転職市場は相当厳しく、書類選考すら通る確率がかなり低いという話も聞きます。退職前は総合職として男性と同じようにキャリアを積んできましたが、子どもができればそれも手放さなければならないのでしょうか。
(34歳/サービス業・総合職/既婚・妊娠中)

A.子どもの有無よりも、本人のスキルや姿勢が重視される

確かに厳しい面もありますが、ここ数年で社会の理解度が大きく上がってきているのも事実です。実際、お子さんがいる女性の転職を担当する機会もありますし、選考では「子どもがいる・いない」ということよりも、本人のスキルや経験、仕事への姿勢が重要視される傾向です。書類や面接では、「何時から何時まで働ける」などの最大範囲や周囲の協力体制を明確に提示するとともに、「この先、どうキャリアを積んでいきたいのか」というビジョンも含めて自分の意思を伝え、企業側の理解を得ることが大切です。子育てをしているからこそ、仕事の効率化やパフォーマンスの向上に高い意識を持って臨めることもアピールできるはずです。

ただ、「出産後はできるだけ早く仕事に復帰して、出産前と同じようにバリバリ働いてキャリアを積みたい」 と最初からペースを上げるプランは、あまりおすすめできません。出産後の転職は、新しい職場、慣れない育児と、大きな環境の変化が一度に訪れることになります。その中で、「今までと同じペースで働く自分」を思い描いていると、さまざまな無理が生じて余計なストレスを抱え込んでしまいます。「元のペースに戻すかどうかは、1年後に判断する」といったように、自分に猶予期間を与えてあげてください。

もう一つお伝えしたいことは、転職活動と並行して、保育所探しを進めておくことです。入所時期を4月に限定している保育所も多いので、そこから逆算して転職活動を始めるタイミングも調整する必要があるかもしれません。また、パートナーとの育児・家事の分担や、双方の両親から得られるサポートの範囲、利用できる公的・民間の支援サービスなどをしっかりと確認して、あらかじめ態勢を万全に整えておくことが大切です。

出展:パーソルキャリア株式会社 doda なるほど!転職ガイド

最終更新日:2020年05月01日

PAGETOP