書類作成編(転載元:doda)

サテライトトップ就活ノウハウ書類作成編(転載元:doda)

Q. 履歴書の健康状態欄は、完治していれば「良好」と書いていい?

前職を体調不良で退職しています。現在は回復しているのですが、完治していれば「良好」と書いていいでしょうか?(24歳/男性)

A.体調が回復し、業務に支障がなければ「良好」と書いてOK。

体調不良が理由で前職を退職していたとしても、現在、業務に支障がない健康状態であれば「良好」と書いてOKです。ただし、面接で退職理由や療養にともなう経歴のブランクについて聞かれる場合があることを覚えておきましょう。病状の経緯を伝えるとともに、現在は業務に支障がない健康状態であることをしっかり伝えることで、採用担当者の不安を払拭することができます。

(キャリアアドバイザー 松永 玲湖)

Q. アルバイト経験のみの職務経歴書の書き方は?

大学を卒業してからずっと同じアルバイト先で働いています。正社員として働いたことがないので、職務経歴書の書き方や、履歴書の自己PR欄に記載すべき内容がよく分かりません。ぜひ教えていただきたいです。(28歳/男性)

A.書き方は正社員からの転職と同じ。サンプルを参考にしましょう。

職務経歴書や履歴書から採用担当者が読み取ろうとしているのは、どの程度の期間、どのような仕事をし、そこでどのような実績を上げ、どんなスキルを身につけてきたかということです。アルバイトといえども仕事であることに変わりはありません。基本的な書き方は正社員の職務経歴書と同じと考えてください。

もし、書き方がまったく分からないのであれば、「doda」のような転職サイトが提供している、職務経歴書、自己PRのサンプルを参考にするといいでしょう。「doda」のサイトからは、販売・サービス、営業、事務など、多種多様な職種の職務経歴書のサンプルがダウンロードできます。アルバイト先の業務と似たものを選択して、上手に活用してください。

繰り返しになりますが、中途採用の採用担当者が知りたいのは、仕事についての情報です。アルバイトでの実績や身につけたスキル、どんなスタンスで仕事に取り組んでいたかを具体的に記載して自己PRをしましょう。なお業種や職種に一貫性があるのであれば、学生時代のアルバイト経験を記載しても構いません。職務経歴書の書き方、自己PRの書き方については、以下のページでも解説しています。ぜひチェックしてください。

・職務経歴書の書き方 完全ガイド ~フォーマット(書式)・サンプル(見本)・正しい作成法

・受かる自己PRの書き方・まとめ方 ~履歴書・職務経歴書・面接で使える例文(サンプル)作成のコツ~

(キャリアアドバイザー 加藤 良介)

Q.未経験の業種、職種に転職したい場合の志望動機・自己PRを書くコツは?

異業種、異職種に転職したいのですが、前職との関連性がなく何をアピールすべきか分かりません。志望動機・自己PRを記載するコツを教えてください。(25歳/女性)

A.求められているスキルや経験に近い内容をアピールしましょう。

求人票に記載されている業務内容や必要スキルなどを確認し、前職と近しいスキルや経験などをアピールできるとベストです。まったくの異業界だったとしても、志望企業で役に立ちそうな経験を振り返って探してみましょう。また未経験の業種・職種に興味をもった背景や、なぜ未経験の仕事を志望するのかを明確に記載し、採用担当者が納得できるように伝えることが大切です。

もし前職と共通するポイントがまったくない場合に、無理矢理前職の経験を志望企業の仕事内容につなげようとすると、逆に不自然になってしまいます。それよりも、つながる経験がないことを正直に認めるほうがいいでしょう。「前職との共通点はありませんが、こういうスキルは活かせると考えています」という伝え方をしたほうが好印象を与えられます。

原則、自己PRには仕事上の経験や実績を記載するものですが、第二新卒など社会人経験の浅い方に限っては、経験について記載できることが少ないと想定されるため、新卒入社の際に記載した学生時代の内容を盛り込んでも問題ありません。ただし、いかに短い就業期間であっても、そこで何を経験して何を学んだのかは記載できるように整理しておきましょう。

(キャリアアドバイザー 加藤 良介)

Q. ペーパードライバーだけど免許・資格欄に書いていい?

学生時代に運転免許を取得しましたが、ほとんど車を運転したことがありません。ペーパードライバーでも、履歴書の免許・資格欄に書いてもいいのでしょうか?(30歳/女性)

A.免許を持っていることは事実なので記入してOKです。

たとえペーパードライバーであったとしても、免許・資格欄に免許取得の事実を書くことは問題ありません。ただし、応募職種の業務で自動車の運転が必要になることが想定される場合は、入社までに必ず練習をして運転に慣れておきましょう。採用担当者は不自由なく自動車を運転できるという認識であなたを採用している可能性が高いからです。

もし、最近の運転状況を聞かれた場合はペーパードライバーであることを正直に話してください。運転に慣れていないことを隠して採用されたとしても、入社後の業務に支障が出ることは目に見えているので、自分にとっても企業にとってもマイナスでしかありません。練習を始めているなら、「しばらくハンドルを握っていませんでしたが、運転感覚を取り戻すために友人に助手席に同乗してもらい練習しています」など、ブランクを克服するために取り組んでいることをひと言添えておくとよいでしょう。

(キャリアアドバイザー 加藤 良介)

Q.自営業を手伝っていた場合、履歴書や職務経歴書にはどうやって書けばいい?

実家の家業を手伝っていましたが、企業への就業を検討しています。自営業を手伝っていた場合、履歴書や職務経歴書にはどう書けばいいのでしょうか?(26歳/男性)

A.ご実家の家業が法人か、個人事業主かで書き方が変わります。

ご実家が会社として事業を営んでいて、そこで働くことで給料をもらっていた場合、履歴書や職務経歴書には「○年○月 株式会社○○ 入社」と記載し、どんな業務を担当していたのかも簡潔に書きましょう。特に家業の手伝いであることを書く必要はありません。

一方、ご実家が農業、漁業をされている、小規模な店舗を営んでいるなど、家業が個人事業者として運営されている場合は、「○年○月 家業(○○商店)に従事」と書き、どんな仕事をしていたのかも簡潔に書くようにしましょう。

いまは家業を手伝っていない場合には、法人・個人事業主ともに、「○年○月 一身上の都合により退職」と記載します。

なお、職務経歴書のフォーマットや転職サービスを利用する際のWeb上での入力項目には、各職歴で入社・退職の選択肢が用意されているケースが多く見られます。「いつからいつまでやっていたか」が分かればいいので、家業に従事していた場合も「入社」を選択すれば問題ありません。

(キャリアアドバイザー 加藤 良介)

Q.企業の目にとまりやすい履歴書・職務経歴書の書き方のコツは?

どのような書き方をすると、自分に興味を持っていただけるのでしょうか?(30歳/男性)

A.まずは読みやすく記載することを心掛けましょう。

企業が興味を持つのは書き方よりも、応募者の経験やスキル、考え方などの内容です。しかし内容以前に、読みやすく記載することも重要でしょう。最適な形式や文章のボリュームにするため、転職サイトなどからダウンロードできるフォーマットを使うことをおすすめします。

長すぎる文章や、情報量が多すぎる履歴書や職務経歴書は、採用担当者に読みたくないと思わせてしまうため避けましょう。職務経歴書はだいたいA4サイズ2~3枚に収めるのがベストです。

職務経歴書の自己PR欄など自由に記載ができる項目に関しては、箇条書きにしたり、アピールポイントに小見出しをつけたりして、内容を把握しやすい工夫をしておくと、採用担当者が読みやすくなり、好印象を与えられる可能性があります。また、成果を数値で示すことや、強みの説明に具体的なエピソードを記載することで、経験したことや成果が伝わりやすくなり、ライバルと比較された場合などは有利に働くかもしれません。

大前提ですが、誤字脱字などがあったり、手書きの字が乱雑だったりすると内容が良くても台無しになってしまうかもしれません。丁寧に記載し、悪い印象を与えるリスクを回避しましょう。

(キャリアアドバイザー 加藤 良介)

出展:パーソルキャリア株式会社 doda なるほど!転職ガイド

最終更新日:2020年05月01日

PAGETOP